院生募集

量は質に転化する

次世代配列解析技術に代表される生体分子の解析技術は飛躍的に進歩しつつあります。その結果、これまで立ち入ることができなかった生命系を、まるで顕微鏡が発明さらた時のように、新たな垣間見ることができるようになってきました。データは大規模です。そして、「量は質に転化する」と言われるように、日々蓄積する生命データは、質的にもこれまでに問われたことのない新しい生物学の問題を見出す絶好の機会を科学者に提供しています。重要なのは、こうした大規模データの解析には生物情報科学(バイオインフォマティクス)による研究がとても重要なことです。こうした背景のなか、私たちは最新の大規模生命データを通して「生命の多様性・生物機能の発現・進化メカニズム」の解明に挑んでいます。

当研究室では、スーパーコンピュータをはじめ充実した研究設備を利用できる環境にあり、生物情報科学を基礎から修得することができます。プログラミングに自信のない方、未経験の方も受け入れます。研究の進め方など、スタッフと理解できるまでディスカッションして修得できるような環境になるよう努めています。

修士課程では、通常スタッフから与えられたテーマに沿って研究のやり方を学んでいただき、博士課程では、自身で独自の研究テーマを見出し研究を進めることもできます。また、スタッフの推進する最先端の科学プロジェクトに参加し、国内外の科学者と共同研究をすることもあります。研究は、風光明媚な宇治の近郊にある京都大学宇治キャンパス(化学研究所 バイオインフォマティクスセンター)で行われています。

新しい生命観を切り開きませんか? 元気な学生を募集しています!

(担当教員:緒方 博之、ロマン・ブラン=マチュー、遠藤 寿)

入学を考える方は「教育」のページをご覧ください。